鈴木国語はどんな塾なの?

 1 まず、鈴木国語の特色について      2 次に、鈴木国語の目的と授業形態について

  どんな塾なの?
 どんな授業があるの?
 授業日程は?
 授業料は?
 入会するには?
 どこにあるの?
 合格者合格体験記は?
 ほかには何か?
 スマホ用ホームページ
 国語塾.com
 無料体験のお申し込み
 お問い合わせ
 算数は
  
佐々木ゼミナール

 
国語はどうして伸びないんだろう。?
 
国語力をつけるにはどうすればいいの?
  


 鈴木国語研究所はそんな悩みに答える(応える)国語塾です。
  

 ↓ 下の文章を読んでみてください。
 ↓ これを読むだけでも、かなりすっきりすると思いますよ。
  
                    HPトップ

6年生記述読解講座 5年生記述読解講座 中学生 記述読解講座 シーズン特訓(春・夏・冬の講習)
大学受験 現代文・小論文講座 大学受験 英語上級講座 大学受験 古文講座 歴史時事問題特別授業

1  国語はどうして伸びないんだろう。?
 
 国語力をつけるにはどうすればいいの?

 
「国語」「現代文」という科目はあります。国語の先生もいます。授業の上手な先生、授業の面白い先生もたくさんいます。

でも、そんな国語の授業を受けていても、肝心のあなた自身は、少し難しい文章になると、意味を読み取ることができません。

まして、小論文なんて何を書いたらいいのか分かりません。テストの点数や偏差値も良くなりません。

英語や数学は自分で勉強しても伸びるのに、なぜ国語だけ伸びないのだろう。

いったい国語は、何をどんな風に勉強すればよいのだろう…??? 

こんな疑問・悩みを持っている受験生はたくさんいると思います。


そこで、「どうすれば国語が伸びるのですか?」と、どこかの先生に質問すると、

「読書をしなさい」とか、「新聞を読みなさい」とか、「日記を書きなさい」とか、「語彙を増やしなさい」とか、

「センスがないと難しいでしょうね」などというような答が返ってきます。

では、読書をしたり新聞を読んだりすれば、あるいは日記を書いたり、言葉を覚えたりすれば、国語力が本当につくのでしょうか? 

それとも、「自分には国語のセンスはないのだ」とあきらめるべきなのでしょうか?

まず、このように世の中で一般に言われていることは本当に正しいのか、自分の目で見て、自分の頭で考えてみましょう。

私はこんな通俗観念などまったく信じていません。国語力はつきます。センスや才能などいうものはほとんど関係ないでしょう。

手短に言えば、受験の国語力は、読解力と記述力です。

読解とは言葉にされた論理を解釈するということであり、記述とは論理を言葉にして表現するということです。

ですから、この両者は論理というものを本質にもちます。

そこで、この論理を言葉を通して使えるようにトレーニング゙すれば読解力や記述力はつくはずです。

しかし、これを正面から取り上げ教室でトレーニング゙しようとする試みは見かけません。

ここで、注意していただきたいのは、「トレーニング」をするということです。

国語は「論理だ」と主張する人は珍しくはないわけですが、生徒を観客の立場において華麗なる論理の展開を披露してみても、生徒自身の力にはなりません。

読解力・記述力・小論文作成能力を生徒につけさせるためには、授業の現場で、生徒に対し、そのような力をつけるためのトレーニングをさせることが必要であるということになります。

では、それはどんな方法なのか?

これは企業秘密ですから、詳しくは書けませんが、「書く」という手と脳の作業を核心に持ちます。

鈴木国語は、一つ一つの文章の徹底的な論理分析を、記述方式の作業を通して行います。

これを正確に丁寧にすることによって、初めて分析的な読解力を身につけることができるのです。

この分析作業を身につけさせるために「書く」という手と脳の作業をさせるのです。

分析力の鋭さは、分析結果の総合へと容易につながります。分析を前提とする総合力が、小論文の記述力です。

この小論文型の記述力をつけることで、エッセイ型の作文力も鋭いものとなります。

分析と総合の循環を何度も繰り返すことで、読解力と記述力は上昇のスパイラルを獲得します。

これが 「読むなら書け!」ということです。

すなわち、記述方式の演習を通して、文章分析力即ち読解力と小論文作成能力・作文能力を飛躍的に高めるのです。


ですから、鈴木国語研究所は「読むなら書け」を指導方針としているわけです。

もちろん、教材、授業内容、トレーニングの仕方など、授業の全過程において周到な準備と適切な工夫が必要なことは言うまでもありません。

鈴木国語研究所は、このプロセスがもっとも効率的で、効果の高いものとなるように研究しているので「研究所」と称しているわけです。

生徒の皆さんは無料で授業を丸ごと体験できますから、どんな形態・方法の授業であるのかを、どうぞ体験してみてください。

以上に関係する詳しいQ&Aです。ぜひ読んでみてください。


*論より証拠の無料体験に来てください。  無料体験申込フォーム
 ↑このページのトップへ↑  HPトップ


2 次に、鈴木国語の目的と授業形態について。
   

 1  中学受験と大学受験を主目的とする進学塾です。

 私立中学受験、国立大学付属中学受験のための国語読解・記述の指導を行います。

 大学受験のための現代文の読解・記述の指導・小論文作成指導を行います。
 高校受験自体を目的とする塾ではありませんが、高校受験にも十二分に対応できます。

 2 クラス単位で指導する方法をとります。個人指導はしません。個人指導をしない理由は「個人指導か? 集団指導か?」をご覧ください。
 
最高度の読解記述技術をトレーニングし伝授するために、1クラス最大12名という極小規模形態を維持しています。

 3  中学生・高校生のコースは学年の区別がない無学年制です。それでも受験に十二分に対応できますから、不思議ですね。なぜかは、体験してみてください。鈴木国語に先入観念はないということです。

 4  授業はすべて、厳しく、かつ、明るい塾長が担当します。

 塾長はほとんど不死身ですが、死んだらごめんなさい。

 授業は、論理的できわめてわかりやすく、かつ、大変おもしろい(?)授業です。

 ただし、生徒のみなさんは観客ではありません。プレイヤーとして猛特訓を受けていただきます。お楽しみに。^^
*論より証拠の無料体験に来てください。  無料体験申込フォーム


このページのトップへ↑  HPトップ